髭脱毛を成功させる4つの方法

男性の髭は人体の中で最も濃い部分になります。また人によってもその濃さは変わってくるものです。そこでここでは各自におけるヒゲ脱毛の方法として4種類を上げさせて頂きました。
医療用レーザー脱毛

医療用レーザー脱毛

医療免許を持っている所で、しっかりと納得のゆくまで脱毛をやりたい方は、医療系クリニックでの脱毛がお勧めです。
脱毛メンズサロン

メンズ脱毛エステ

初めて脱毛を体験する人。脱毛コースのあるエステサロンで、まず脱毛がどんなものか体験してみたい人はこちら。
家庭用脱毛器

家庭用脱毛器

忙しくてエステなどに通う時間がない。自宅で自分の好きな時に行いたい人はコチラがお勧めです。
抑毛ローション

抑毛ローション

自然に髭を薄くしたい。お金をかけずに長期に渡って徐々に髭を薄くしたい人はこちら。
 

髭脱毛早見盤

ここでは、髭脱毛可能な全ての方法を融合し、表にまとめました。
医療クリニック、脱毛エステ、脱毛器、抑毛ローション、それぞれにメリットデメリットはあるのですが、単純に脱毛力と料金面で比較すると以下のようになります。

 

※注釈()内の意味は以下のようになります。

  • 医療クリニック ⇒(医)
  • 脱毛エステ ⇒(エ)
  • 脱毛器 ⇒(機)
  • 抑毛ローション⇒(抑)

髭脱毛、各手法のメリット&デメリット

脱毛エステ(医療脱毛)に通う場合

メリット:

エステでも医療機関でもそれなりの資格保有者が施術してくれるので効果が高く、
万が一のトラブルもエステならドクターの紹介制度や医療機関では
その場での対応をしてくれるので安心できます。
自宅などで脱毛器を使用して処理していても、
面倒になってしまいやめてしまった方は通うということで、サボり癖を防ぐ事ができます。

 

デメリット:

費用がかかりがちで、その他フェイシャルエステやボディーエステ、
他の部分の脱毛を勧められ必要以上の支払いをしてしまう場合があったり、
わざわざ通うわないといけないのが手間になります。
また、知り合いなどにみられてしまうこともあるので気まずい思いをする場合も。

 

 

高性能家庭用脱毛器で髭脱毛する場合

メリット:

誰にも知られることなく自宅で好きなときにできるのが一番のメリットです。 
一度購入すれば、永久に自分のものになるので
気になる部分が後から出てきてもサッと出して処理すればOK。
わざわざエステや医療機関に予約をしていかなくてもいいので気軽に処理できます。

 

デメリット:

全て、自分で行わないといけないのが手間に感じる方には向いていません。
また、万が一のトラブルには
自分で医療機関を探し診察を受けないといけないのが大変です。
めんどくさがり屋さんは続かない可能性も。
全て自己責任なので処理のしすぎなどの間引きをしたいなどの方にも不向きになります。

 

脱毛、抑毛クリームを使う

メリット:

とにかく、他の2つより安価で気軽・手軽というのが最大のメリットです。
種類も豊富で香りが良いもの、肌の調子を整えてくれるものなど、
好みによって選ぶ事ができます。近所のドラックストアなどでも販売されていますし、
インターネット上でも多くの種類が売られています。

 

デメリット:

その場限りなので、永久脱毛の効果がないものがほとんど。
根気よく使用を続けるとムダ毛が薄くなるという商品もあるがかなりの根気が必要。
永久脱毛には不向きで独特の匂いを嫌う方もいます。
また、商品の種類が多く選ぶのに困惑する方も。